2015年09月08日

けにぃち

「こんにちは」、という言葉で思い出しました。


私の名前は「けんいち」なのですが、
英語で書くと「Kenichi」となるんです。


アメリカに高校留学していたときのことです。
どうやらアメリカ人には「ん」というのを単独で発音するのが難しいようで、
「ん」と「い」が別々に言えず、つながってしまうようでした。


なので私は、
「けにぃち!」「けにぃち!」と呼ばれます。


なんだかそのうちに、
Kenichi(けにぃち)とKonnichiwa!(こにぃちわっ!)が混ざってくるしまつで、
Kenichiwa!(けにぃちわっ!)とかいって、
名前を呼ばれっているのか、
日本語であいさつしてくれているのか、
わからなくなってきました。


挙句の果てには、
卒業アルバムに、
私がサッカーの試合でプレイしているときのナイスな写真を載せてくれた上、
スポーツ記事のように解説まで入れてくれたのですが、
その解説の中では名前が、Konichi Wang (こにぃち わんぐ)となっていました。
こんにちはの進行形ならぬ、進化形のようなイケてる名前です(笑)


まぁ、なかなか国際派な感じでいいかもしれない…(笑)


「どうもぉ! コンニィチ ワングです!」(笑)


これからは国際派目指して頑張ります。



しかし、この20年以上、留学で身に付いた英語を日本で使ったためしがない。


我が家は浅草が近く観光客が多いので、
たまに英語で道を聞かれるが、
それでも私は、「駅はあっちね」と日本語で答えている。


1、2年ほど前だろうか、
しゃべっている英語がわからないというよりも、
クイズのようで何を質問しているのかが、よくわからない外国人二人組に道を聞かれた。
カップルっぽい?男性二人組だ。
ん〜??、と英語を理解するよりも何が知りたいのか理解するほうが大変だった。


やっとのこと難問クイズの答えがわかったときのように、、


「あっ!かっぱ橋かぁ!」と言ったら、


その二人は、同時に指をさしながら、
「Oh〜!カッパバァシィッ!」
と叫んだので、


つられて私も指さしながら
「Oh〜!カッパバァシィッ!」
と叫んでいた。


そのカップルっぽい男性二人組は、
やっと伝わったのがうれしかったようで、
楽しそうにかっぱ橋へ向かって歩いて行くのだった。
きっといい台所用品や食器を手に入れることができたに違いない(笑)



posted by うだけん院長 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

人生経験の浅い深い

人生経験の浅い深いっていうのは、どういうことだろうか。


そもそも、何を基準にして人生経験が浅い深いと決めているのだろうか。


自分なりに考えてみました。


「経験」の意味を辞書で調べてみると、
1 実際に見たり、聞いたり、行ったりすること。また、それによって得られた知識や技能など。
2 哲学で、感覚や知覚によって直接与えられるもの。
とあります。


特定の分野での経験に限定しなければ、
トータルで考えた経験は、人生の中で得ていくものなので、人生経験と捉えてもよさそうです。


だとすれば、年齢が高く長い人生を送るほどに人生経験の量が多いとは言えそうです。


しかし、人生経験の量と深さは一致しないようにも思います。
年齢のみで人生経験の浅い深いが決まるのなら、
同い年は、みんな人生経験の浅い深いが同じだと言えます。
「あぁ、同い年ですね。人生経験の深さ同じですね。」(笑)


どうも年数だけで人生の浅い深いは決まらなさそうです。


人生の中でどれだけたくさんのことを実際に見たり聞いたり行ったりなどの体験をしたか、、
それによってどれだけの得られた知識や技能があるかは、
人生経験の豊富さにつながりそうです。


そうすると、たとえ同じ年数を生きていたとしても、
どれだけたくさんのことを体験したか、
それによってどれだけ知識や技能を得られてきたかで、、
人生経験の豊富さには違いが出てきそうです。


とすれば、年齢が上の人より下の人の方が、
人生経験の量が多くなる場合もありえるということになります。


しかし、たくさん体験をして、たくさんの知識と技術を得たとしても、
人生経験が深いとも言い難い感じがします。
たくさん知識を覚えたり、たくさん本を読めば、人生経験が深くなるのか、
いろいろな所へ行けば、人生経験が深くなるのか、
技術を身につけるほど、人生経験が深くなるのか、
というと、何かが足りない感じがします。
人生経験を深める機会は増やせそうですが、実際に深めるのは別のことのような気がします。


哲学で、感覚や知覚によって直接与えられるもの、ともあります。
哲学的な考えから多くの気づきや学びを得るということでなのでしょうか。
禅、瞑想などから通常の生活ではなかなか得られない感覚を体験をすることもあります。
五感を研ぎ澄ますほど、思考レベルを深めるほどに、体験するものは深くなるように思います。


つまり人生経験の浅い深いでいえば、
これが一番、表現にはあっているような気がします。


ただ、もし人生経験を数値化して比較したいのであれば、
人生経験の浅い深いではなく、
人生経験総量の多い少ないとでもした方がいいかもしれません。


人生経験総量を表すとすれば、

人生経験体積 = 年齢 × 実際の体験量 × 知識・技能

人生経験密度 = 思考・感覚の深さ

人生経験総量 = 人生経験体積 × 人生経験密度

といった感じでしょうか?





…………。






なぁーんてことを考えてみましたが…。


人生経験の浅いとか深いとか、
多いとか少ないとか、
そんなこと考えること自体おかしな話なんだと思います。


人の人生経験を基準にして優劣を決めようとすることなどは愚の骨頂でしかありません。


謙虚な気持ちで自分を磨いていけるように日々修行に励むことにしようグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

posted by うだけん院長 at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

ズドーン!

昨日は土曜日で、仕事が早く終わりました。
ちなみに治療院のすぐ目の前には総理官邸があります。


カラダのリセットをしておこうと、
治療院で、ゆっくりストレッチをしながら、
半分瞑想、半分睡眠(笑)のまどろみ状態になっていました。


そうしたら突然、ズドーン!ズドーン!と爆音がするんです。


うぉっ!なんだ!?って、
総理官邸が目の前なので真っ先に頭に浮かんでしまうのが、


なんだ、爆撃かっ!?空襲かっ!?


ズドーン!ズドーン!


うぉっ!?なんだ!?なんだ!?ってまどろみながら一時間くらいドキドキしてたでしょうか。


東京湾の花火の音に、リラックスできずに汗かきながら、ちょっとだけうなされてました(笑)


posted by うだけん院長 at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。