2010年05月31日

身体構造を統合し、生を養う

「身体構造を統合し、生を養う」


身体が本来あるべき構造にあることで、身体は本来持っている機能を正常に働かすことができるようになります。

身体が本来持っている機能が働けば、病気にならない体になり、健康を維持することができます。

身体が本来持っている機能を働かすことで、持っている能力を最大限に引き出すことができ、日常生活や仕事、スポーツなどのパフォーマンスを向上させていくことができます。

身体が本来あるべき構造にあることで、痛み、しびれ、肉体疲労、体の不調、ストレス、精神的疲労といった症状が改善していきます。

身体がいつもベストコンディションで毎日を過ごせれば、より充実した幸せな人生が送れるようになります。

身体がいつもベストコンディションであれば、心も安定しやすくなります。

ひとりひとりが生を養う。
そして、心の豊かさと幸せがどんどん広がっていく・・・。


統養治療院はそのお手伝いをしていきます。


posted by うだけん院長 at 00:38| Comment(0) | 統養治療院理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。