2013年07月01日

オズグット・シュラッター病

私は中学生の時にかなりひどいオズグット・シュラッター病になりました。
オズグット・シュラッター病というのは、成長期に起こりやすく、膝のお皿の下の脛の骨の部分が出っ張ってくる症状です。結構痛いです。
その頃は膝が全く曲げられませんでした。しかも両足(汗)。
和式トイレどころか、洋式トイレさえ、座るのに困ったものです。
出っ張ってしまった骨は戻らないので、いまだに立て膝だけは痛い。

オズグット・シュラッター病は、
スポーツで膝の曲げ伸ばしやジャンプなどの負荷によって生じるとも、
成長期の急激な骨の成長で筋肉の張力に引っ張られて生じるとも言われています。
確かに私もかなりの勢いで身長が伸びてましたし、
軟式テニス部で膝の屈伸とひねりの力の負荷が強くかかっていました。

整形外科に通い、電気を当てたり、温めたり、湿布を貼ったりしましたが、
痛みは和らぎさえしなかったのを覚えています。


すごくつらい思いをしていた中学生の自分もうやだ〜(悲しい顔)
今の私なら治してあげれるのに、って時々思いますぴかぴか(新しい)


痛みが出ている部分に負担はかかっているのは当然なのですが、
痛みが出ている部分に負担をかけているのは別の場所なのですから、
いくら膝に電気をあったり、湿布をしたところで、
痛みをごまかすことはできても、治るわけがありません。

スポーツの膝の運動による負荷にせよ、
成長期による負荷にせよ、
膝下の脛骨粗面が引っ張られているんです。
で、引っ張っているのは、腿の前面の大腿四頭筋。
これは、骨盤の方と、大腿骨から、膝のお皿(膝蓋)につながって、
膝蓋靭帯になって、膝下の脛骨粗面に付着しています。
筋肉の解剖から考えれば、この大腿四頭筋をゆるめる必要があります。

しかし、もっと重要なのが、お尻の横の中殿筋です。
一見関係なさそうですが、
このお尻の横の中殿筋の筋膜が固まっていると、
腿の前面外側の筋膜や腿の外側の腸脛靭帯の緊張が強くなります。
それらの筋膜は脛骨粗面とその外側の腓骨頭につながりますから、
膝の動きに大きく影響してきます。
実際、中殿筋をゆるめるだけで、膝の動き、曲がり具合がスムーズになります。
(足首側から膝の動きが制限されていることもありますし、その他の部位が影響を与えていることもあります。その人その人の身体の状態によっても変わってきます。)

ですから、オズグット・シュラッター病の場合、中殿筋の筋膜をゆるめてあげることが、
大きな膝の動きの改善と痛みの軽減、回復につながっていくと考えられるのです。


当時私は、正座はもちろん、あぐらをかいて座る事さえできなくなりました。
なにかにつけ膝に負担はかかって、20代半ばまで、ずーっと、痛みと付き合っていたものです。
相当な量のトレーニングとケア、
そして、血と汗と涙の努力を重ねてました(笑)
筋膜マッサージに出会うまでは・・・。
今じゃどんなに激しく動いても、痛くなることはまずありません。

ビール腹が重くて、今はそんなに激しく動くこと自体ありませんが・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)



posted by うだけん院長 at 16:44| Comment(0) | 症状別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

ヘルニアという診断

腰が痛くなる。
痛いから整形外科に行って、レントゲンなりMRIなりを撮る。

すると、腰椎の間から黒い影がムニュっと飛び出ている画像を見せつけられて、
「ヘルニアですね」と言われる。

リアルな飛び出た画像を見せつけられて、頭に「ヘルニア」がこびりつく。

そして、その後、腰が痛くなる度に、
「ヘルニアだから痛みが出てきた」という思考パターンが生まれる。

腰が痛くない時があるにも関わらず、
どこか頭の片隅で「ヘルニア」というのが常に存在してしまうのだ。

最悪なのは、手術をしたにも関わらず、痛みが全然取れない時。
なぜ、手術をして、神経を圧迫してる飛び出た椎間板を切除したにも関わらず、
痛みがとれないのか?
ハッキリ言えることは、ヘルニアが原因ではないからだ。
どうやら、何十年も前に手術によって、
腰痛が消えたという症例が前提となって、一人歩きしてしまっているらしい。

もちろん、脊椎や内臓の病気などで、痛みが出てることも稀にありますので、
病院での診断はとても重要です。


最近、腰痛の85%が原因不明といわれるようになってきました。
さらに健常者の腰をMRIで調べてみたところ、
30%の人にヘルニアがあったということも言われています。

15%は本当に椎間板ヘルニアなどが原因であるようですが、
「ヘルニアだから腰が痛い」を、一旦、頭の思考回路から切り離してみてはいかがでしょうか?

なぜなら、

単に腰の筋肉が固まりきってしまってるだけ、
骨盤の仙腸関節が詰まったり、微妙にずれているだけ、
お尻の横の中殿筋が固まりきっているだけ、
実は、強い肩こりから腰に来ているだけ、
精神的なプレッシャーが強くかかっているだけ、

それで、腰が痛みが出ていることがほとんどです。

足首の詰まりを取ったら、
腰から脚のしびれがスッと取れてしまったこともあります。

レントゲンやMRIには写らない、診ることさえない、
体全体の構造バランスやそれを作っている筋膜に原因があることが非常に多い。
体は、骨だけだと積み木のように積み上げて組み立てることさえできません。
バラバラに崩れます。
骨を支点として、筋膜が繋がりあって初めて、体という構造が成り立っているのです。

posted by うだけん院長 at 10:24| Comment(0) | 症状別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

むくみ @

むくみに関する知識を整理し直してみようと思いました。
いろいろな説明は、インターネットで検索すれば、すぐに出てきますが、
私自身が持っている知識でわかりやすく説明してみようかと思います。
むくみでお悩みの方も、まずは知識をスッキリしていただければ、お役に立てるかもしれません。
注)ここでは、病気によるものではない、むくみについてのお話です。




それでは紹介しましょう!
今回むくみに関して解説をしてくれる、うだけん博士です!


みなさん、こんにちは!
私は、うだけん博士です。


今日は、みんなと一緒に話を聞いてくれる二人を紹介します!


みっく「わたしは、みっくよ、よろしくね!」
むっく「あたちは、むっく、よろじく〜」


さて、とくに女性にとっては、
とても気になるむくみなんだけど、
そもそも、「むくみ」って、何なのかわかるかな?


みっく「むくみって、水分よね」
むっく「あたち、ぷにゅぷにゅ、じてる〜」


そうなんだ、もうわかっていると思うけど、
むくみってのは、カラダの中の余分な水分なんだ。


あらためて確認してほしいのは、
むくみとは、「カラダの中に溜まっている余分な水分」だということ。


みっく「余分な水分ていうのがポイントなのね」
むっく「溜゛まってる〜」


みっく「でも、カラダって水分がたくさんあったほうが潤ってよさそうだけど…」


いいところに気がついたね。
ところが、水分がたくさんカラダの中にあるのに、
のどが渇いたり、お肌が乾燥している場合もあるんだ。


むっく「なんで〜?」


それはね、カラダの中に水分がたくさんあっても、
カラダの中をスムーズに水分が巡っていないからなんだ。


みっく「わたしはいつも家の中で踊りながら、よく回っているわ!」
むっく「あたちはいつも家の中を転がってる゛〜」


そ、そう…(汗)
きみたちは家の中をよく巡っているようだね。


人のカラダの約60%は水分といわれています。
子供は約70%、高齢になると約55%と年齢を重ねていくごとに減ってもいくようです。


カラダにとって水分がとても大切だというのは、みんなもよくわかっているよね。


みっく「うん!」
むっく「う゛ん!」


この水分は、
カラダを潤して、
関節や筋肉の動きを滑らかにする役割がある。


お肌を潤わせ、
血液の流れをよくし、
内臓の働きをよくし、
関節をスムーズに動かし、
カラダが持っている機能を十分に発揮するための大切な水分なんだ。


世間でよく言われておる、
血液サラサラとか、
デトックスとか、
そういった効果をもたらす水分のこと。


みっく「だから、水分をたくさん取った方がいいのね」
むっく「水分、だくさん取る〜」


そうなんだ、みんなそう思っているから、
ペットボトルなどをいつも持ち歩くぐらい、
水分をよく取るようにしている。


ところが、
じつは、ここに大きな落とし穴がある。


真夏などの汗をたくさんかくような環境の場合は別として、
これが逆効果になってしまっているケースが結構多いんだよ。


みっく「え〜!?」
むっく「え゛〜!?」


実際、私が今までの施術で、
のべ一万以上の人のカラダを触ってきて気づいたんだけど、


水分を取り過ぎてしまっている人は、
カラダの筋肉・筋膜がパンパンの水風船のように固くなってしまっていたり、
筋肉・筋膜がボヨヨンと弾くような固さになってしまっているんだ。


弾力があってしなやかでいいという意味ではなく、
固まって伸び縮みがスムーズでなく、
巡りもよくなく、
冷えがあったり、
カラダは重だるく疲れてるっぽい感じになってしまっている。


これがひどくなると、
いろんな症状を引き起こしていくことにもなりかねない。


そういうタイプの人には、
ちょっと水分を減らしてみてくださいね、
ゴクゴクゴクって飲むところを、
ゴクゴクにすれば、三分の二、
ゴクにすれば、三分の一の量に減りますから試してみてくださいと伝えているよ。


そうすると一週間後にはもう、
カラダのパンパンの張りがスッと抜けていて、
筋肉・筋膜も柔らかくほぐれやすくなっているんです。
当然、巡りもいい感じなります。


水分の流れをよくするために、
水分をたくさん取るということは、


たとえると、
渋滞している高速道路の流れをよくしようと、
さらにたくさんの車を高速道路に通すようなものなんだね。


では、水分の流れをよくするためには、
何が大切なのか、
何をすればいいのか
次回、説明していくことにしよう!


みっく「はーい!」
むっく「はーい゛!」
posted by うだけん院長 at 16:31| Comment(0) | 症状別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。