2015年08月07日

口ぐせを変える

口ぐせを変えるようにしている。


前から気づいてはいたのだが、なかなか変えられずにいた。
「疲れた」と何かにつけては、口からもらしていたのだ。
これは、吐き出すたびに、確実にエネルギーを奪っていく。
少なくとも、エネルギーを増大させる効果はまったくない。


そこで、この「疲れた」の言葉を、エネルギーが出るものに変えるには何がいいか考えた。
なかなかいい言葉が思いつかないので、とりあえずは今のところ、「あ゛〜っ、がんばったぁ〜っ!」というようにしているが、これが、なかなか効果がある。


カラダは確かに疲れを感じているのだけれども、エネルギーが湧いてくるのだ。
「あ゛〜っ、疲れたぁ〜」っていうとホントに疲れが増す。


そういえば、トレーニング大好き人間の時は、カラダの疲労感が、筋肉を作っている最中なのだと、むしろ、それが快感だったものだ。
「おぉぉぉ、筋肉がバリバリに張ってる〜っグッド(上向き矢印)るんるん
「カラダ重くて、動かねぇぇぇ〜っふらふらるんるんぴかぴか(新しい)
ってな感じで疲労感が喜びだった(笑)


ところが、今は、治療師として毎回ベストの施術をしたい一心で、常にカラダを一番状態の整った形にしておきたものだから、ほんのわずかなカラダのズレや疲労感をも感じながら、それをどうにかしようとしている。
五感も研ぎ澄まされてきたので、繊細に感じすぎ、過剰に反応しすぎている面もかなりありそうだ。


やはり、発する言葉でエネルギーの増減はものすごく大きく変化する。
人は平均的に一日に1万語もの言葉を頭の中で使っているらしい。
そう考えると、口ぐせのように頭の中を巡らせている言葉が、その人というものを作りあげているといっても過言ではないのだ。


しかも、頭の中で巡らせている言葉というのは、大抵おんなじことの繰り返しだったりもする。


「なんで自分はダメなんだろう…」
「なんで痛いんだろう…」
「これから先の将来は、大丈夫なのだろうか…」
「もし、大地震が起きたらどうしよう…」
「もし、仕事がなくなったらどうしよう…」
「お金がない…、お金がない…」
「はぁ〜っ…」


などと、さまざまな言葉が浮かんでくる。
しかも、疑問形パターンで、ハッキリとした答えを自分で見つけ出さないままに、くりかえしていると、モヤモヤ感は一層増大する。
すると、カラダもモヤモヤするもんだから、カラダの感じもかなり悪くなる。


私は、この言葉のコントロール法の意味が全然わかっていない頃、そういった考えが浮かぶ暇がないくらい、働きまくっていた。
これはこれで、かなり効果大で、おまけに収入も格段に増えたのだけども、カラダは疲労困憊、神経は高ぶったまま安らぐ感じはまったくなかった。


軽快な感んじで、クリアで濁りがないような空気感を持っている人は、こういうのを自分なりに答えをハッキリさせているものだ。
その人自身はそれで心の底から納得しているし、またエネルギーが増大するような言葉を発している。


カラダの状態が変化するくらい、もっともっと言葉の口ぐせをコントロールして変えてみることにしようわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


考える暇がないくらい動き続けるよりは、言葉を使う方が、労力が少なくてすむだろう。
まぁ、動き続けた方が、やせるのには効果がありそうだがビールわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


posted by うだけん院長 at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。