2013年07月01日

オズグット・シュラッター病

私は中学生の時にかなりひどいオズグット・シュラッター病になりました。
オズグット・シュラッター病というのは、成長期に起こりやすく、膝のお皿の下の脛の骨の部分が出っ張ってくる症状です。結構痛いです。
その頃は膝が全く曲げられませんでした。しかも両足(汗)。
和式トイレどころか、洋式トイレさえ、座るのに困ったものです。
出っ張ってしまった骨は戻らないので、いまだに立て膝だけは痛い。

オズグット・シュラッター病は、
スポーツで膝の曲げ伸ばしやジャンプなどの負荷によって生じるとも、
成長期の急激な骨の成長で筋肉の張力に引っ張られて生じるとも言われています。
確かに私もかなりの勢いで身長が伸びてましたし、
軟式テニス部で膝の屈伸とひねりの力の負荷が強くかかっていました。

整形外科に通い、電気を当てたり、温めたり、湿布を貼ったりしましたが、
痛みは和らぎさえしなかったのを覚えています。


すごくつらい思いをしていた中学生の自分もうやだ〜(悲しい顔)
今の私なら治してあげれるのに、って時々思いますぴかぴか(新しい)


痛みが出ている部分に負担はかかっているのは当然なのですが、
痛みが出ている部分に負担をかけているのは別の場所なのですから、
いくら膝に電気をあったり、湿布をしたところで、
痛みをごまかすことはできても、治るわけがありません。

スポーツの膝の運動による負荷にせよ、
成長期による負荷にせよ、
膝下の脛骨粗面が引っ張られているんです。
で、引っ張っているのは、腿の前面の大腿四頭筋。
これは、骨盤の方と、大腿骨から、膝のお皿(膝蓋)につながって、
膝蓋靭帯になって、膝下の脛骨粗面に付着しています。
筋肉の解剖から考えれば、この大腿四頭筋をゆるめる必要があります。

しかし、もっと重要なのが、お尻の横の中殿筋です。
一見関係なさそうですが、
このお尻の横の中殿筋の筋膜が固まっていると、
腿の前面外側の筋膜や腿の外側の腸脛靭帯の緊張が強くなります。
それらの筋膜は脛骨粗面とその外側の腓骨頭につながりますから、
膝の動きに大きく影響してきます。
実際、中殿筋をゆるめるだけで、膝の動き、曲がり具合がスムーズになります。
(足首側から膝の動きが制限されていることもありますし、その他の部位が影響を与えていることもあります。その人その人の身体の状態によっても変わってきます。)

ですから、オズグット・シュラッター病の場合、中殿筋の筋膜をゆるめてあげることが、
大きな膝の動きの改善と痛みの軽減、回復につながっていくと考えられるのです。


当時私は、正座はもちろん、あぐらをかいて座る事さえできなくなりました。
なにかにつけ膝に負担はかかって、20代半ばまで、ずーっと、痛みと付き合っていたものです。
相当な量のトレーニングとケア、
そして、血と汗と涙の努力を重ねてました(笑)
筋膜マッサージに出会うまでは・・・。
今じゃどんなに激しく動いても、痛くなることはまずありません。

ビール腹が重くて、今はそんなに激しく動くこと自体ありませんが・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)



posted by うだけん院長 at 16:44| Comment(0) | 症状別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。