2012年10月06日

たこ焼き

の被り物わーい(嬉しい顔)


























IMG00069-1.jpg




9月21日、本日の晩酌。

そこに見たものは・・・がく〜(落胆した顔)ひらめき




posted by うだけん院長 at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

言い訳

人の頭の重さは平均4kg〜8kgあります。
ダンベルで考えてみると、結構な重さなのがわかると思います。
お米5kgとか。
それが細い首の上に乗っかっています。


特に私は脳みそが詰まっているから重くて大変です。
最近はもろきゅうにハマっているので、もろみその方が詰まっているのかもしれません(笑)


さて、脳は体全体に対する重さの割合が少ない割に、酸素と栄養をたくさん必要とします。


以前、テレビで女流棋士の方が話していたのですが、1回の対局で2〜3kg体重が減るとか。
体を全く動かしていない状態なのに、いかに脳がエネルギーを消費しているかが想像できます。


最近の私は少し太りつつあります。
エアロ週3本だけとはいえ体動かしているのに、いかにカロリーがオーバーしているかが想像できます。
今、マックのポテトが全サイズ150円です(笑)


脳が大量に必要とする酸素と栄養ですが、これらは血液によって運ばれています。
酸素と栄養を豊富に含んだ血液は、心臓から首を通って脳へ運ばれ、また首を通って戻っていきます。
そして、首・肩が固まっていると、脳へいく血液の流れが悪くなります。
当然、脳へ運ばれる酸素と栄養の供給も悪くなりますから、脳の働きも鈍くなるのです。
そこで首・肩を緩めると、頭の回転が上がり、集中力が増し、精神的な安定感も高まります。
パソコンなどデスクワークの後の首・肩の張りを考えてみると、イライラしている人や鬱々としている人が多くなってしまうのもわかる気がします。


ちなみに私はデスクワークはほとんどしないのですが、
デスクワーク以上に前かがみの態勢で数時間、長い時では8時間ほぼ休みなしでマッサージの施術をしています。
週6日毎日です。
すると、身体が前かがみで固まった上、首・肩がバリバリになります。
当然、脳の血流も悪くなりやすくなってしまします。


するとどうなるか?
頭の働きが鈍ってしますのです。
そして、毎週やってる自分のレッスンの内容を時々忘れます。
また、間違えてしまう頻度も少なからず増えてしまうということなのです。


以上、


脳の血流のせいにした言い訳でした(笑)


10年前は、腕も肩も今よりグルグル動いてたのになぁ・・・
今よりも全然軽やかにすぴーでいに大きく動けてたのになぁ・・・


エアロはひたすら重心を上げますが、治療師は重心を下にストンと落とします。
腕の力で治すのではなく、腹で力を出すと患者さんの身体の芯に効くようになる。
“氣”という要素の一つであるかもしれません。
また、丹田に氣を集めてると下腹部が出てくるらしいです。
そのため昔の武士や武道家は下腹部が出ていたようなことを聞いたような聞かないような・・・


以上、


腹周りの言い訳でした(大笑)




面白くしてるけどホントだよ手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
posted by うだけん院長 at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。