2012年08月13日

宝くじ

「宝くじで夢を買おうぴかぴか(新しい)」ってよく言いますね。




宝くじというシステムには、まず、運営をする組織、つまり主催者と、宝くじを買う参加者がいて成り立ちます。


そして、主催者は参加者が支払ったお金に対して、一定の割合を運営費、利益として差し引きます。


その一定の割合を差し引いて残った分が当選者に分配されるわけです。


その一定の割合というのが、宝くじでは、なんと、50%以上らしいひらめき


競馬、競輪、競艇などは25%のようです。


全体で見て、仮に100億円宝くじが売れたら、50億円が差し引かれ、50億円が当選者に分配されるということです。


つまり、宝くじを1000円購入した時点で、もうすでに500円しか戻ってこないんですね。


もちろん当たればたくさん戻りますが。


それでも夢を買う分には、いいと思います。


楽しむのもいいと思います。

それによって雇用などの経済効果も生まれるわけですし。


ただ、私には信念があります。

















「夢は買うもんじゃねぇぜ・・・」

















「夢は自分のハートで生み出すもんさ・・・ぴかぴか(新しい)














「そして、夢は夢で終わらせるためのものじゃねぇんだ、今を生きていくためのエネルギーに変えることだってできるのさ・・・ぴかぴか(新しい)
















フフフ・・・ぴかぴか(新しい)















・・・(笑)手(チョキ)わーい(嬉しい顔)るんるん


ちなみに、私も今までの人生で、宝くじは1回だけ買ったことあるような気がします。
ギャンブルは、パチンコだけ5、6回位はやったことあります。
パチンコに関してはビギナーズラックで5000円元手で、7万円出たことありますから、通算で考えれば利益を得ています(笑)手(チョキ)わーい(嬉しい顔)


競馬、競輪、競艇などはやったことありませんが、アスリート的視点で、見てみるのは楽しそうですわーい(嬉しい顔)るんるん



posted by うだけん院長 at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。