2012年06月08日

デカいリュック18年

私はこの約18年間、毎日毎日、デカいリュックを背負っている。


フリーのインストラクターバリバリの時は、これからどこの山へ行くのかと聞かれそうなほど、デカいリュックだった。


当時、最終に近い電車で家の最寄り駅に到着すると、深夜2時まで営業しているモスバーガーで閉店近くまで勉強した。


当然、帰る頃にはバスもなくなっているので、そのデカいリュックを背負って家まで徒歩30分、黙々と夜道を歩いたものだ。


レッスン3、4本をこなし、競技の練習とトレーニングで3、4時間ほど身体を追い込んで、たっぷり勉強して、グッタリした状態で…。


私は、「できない」とか「無理」とかいう言葉が嫌いだ。


だけど、今はもうそんなことできない。無理だ。


その頃に比べれば、今のリュックなど全然小さい。
それでもまだ、これからどこかへ行くのかと、言われかねない雰囲気の大きさではある。


私の今の家は、最寄り駅まで徒歩4分。
秋葉原も浅草も徒歩15分で行けるし、日本橋やスカイツリーも歩けば40分弱で行ける。


都内中心近くに住むシチィボーイだ。


そういえば、15、6年前に茅ヶ崎に半年間ほど住んでいたことがある。


半年間だけ、湘南ボーイだ。


しまった、もうボーイではなかった。


ここ最近、スカイツリーで観光客も増えて来た。


いつも乗っている電車に乗客が明らかに増えた。


デカいリュックを背負っている私は、どう見ても旅行者っぽい。




数年前、銀座のユニクロに行った時のこと。


買い物を済ませ、お店を出たところで、いかにも就職活動スーツを着た大学生の女の子に、研究の調査みたいなもののアンケートを頼まれた。
たしか経営学部のゼミか何かだった。


もちろん、その時もデカいリュックを背負っていた。


その大学生は、明るく爽やかな感じで好印象ではあるが、まだ人生経験も人間観察力もそれほどなさそうである。
彼女は、半ば確信をもって私にたずねた。










「旅行ですか?」






・・・たらーっ(汗)






そう質問したくなる気持ちはよくわかるよ。
よくわかる…。


『いや、全然ちげーよ、仕事道具が詰まってるんだよ。18年間、毎日のように背負ってきたんだよ。18年間の血と汗と努力の重みが詰まってるんだよ・・・。』
と訳の分からない思いと、質問をすごく否定したい気持ちにかられながらも、その感情を抑えた。


そして、銀座まで電車で10分の所に住んでいる私はつい思わずこう答えた。











「いえ、地元です・・・。」





・・・・(笑)


posted by うだけん院長 at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜筋膜マッサージでカラダを本来の構造へ〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。